Case: Voice-activated sampling service

ファッションブランドDKNYがイギリスで今夏始めた、Z世代とミレニアル世代をターゲットにした新しいサンプリングをご紹介。

その方法とは、顧客が声によって試供品を入手できるというもの。同社は、サンプリング支援企業・Send Me a Sampleとタッグを組み、Google AssistantやAmazonのAlexaなどの音声アシスタントを通じて、顧客にDKNYの新しい香水“Be Delicious”のサンプル品を届けるという試みを始めました。

消費者が「DKNYの“Be Delicious”のサンプルを送って!」と音声アシスタントに呼びかけると手元に送られてくるという仕組みで、8月12日から2週間、5,000個限定で実施されます。

路上や店頭でのサンプリングでも顧客の手に商品を届けることはできましたが、今回の音声によるサンプリングでより幅広いターゲットにリーチすることを目論んでいるといいます。また、顧客データを蓄積、追跡することで、消費者との更なる関係構築も期待されています。

(via DKNY Be Delicious)