Case: Taste Buds

ロサンゼルス発のプロテインバーブランド・Lenny & Larry’sが行った米国内初のCMをご紹介。

CMタイトルはTasete Buds(味蕾)。
映像背景の真っ赤な色は口内を表しており、そこにいる人は舌の味覚器官である“味蕾”を擬人化して表現しています。味蕾を演じるのは、ScottとLaTasteshiaと名付けられた親友で、赤いジャンプスーツを着用しています。

これまで、同社のブランドマーケティングの大部分は、サンプリングや店頭展示、スポンサーシップが主でした。しかし、今回のCMキャンペーンには数百万ドルをかけたといい、 “Shockingly delicious”というキャッチコピーとともに、健康志向食品の分野でのブランド認知を高めたかったといいます。CMは、HuluやBuzzfeed’s Tastyなどのインターネットメディアでプレミア公開されました。

一般的なプロテインバーが長方形であるのに対し、Lenny & Larry’sは丸型。その創業ストーリーも興味深く、カリフォルニア州ベニスの2人のボディビルダー、BennyとBarryが1993年にブランドを立ち上げました。自分たちの名前をさらに面白くして、Lenny&Larry’sと名付けたそうです。現在は、全国の食料品店、コンビニ、健康食品店で販売されるまで成長をしています。

“健康食品が退屈なものであるという考えを払拭し、栄養があるものは美味しい”というメッセージを伝えたかったという同社。エンタメ要素の強いCMで、新たなブランドイメージの改革へと繋がるキャンペーンでした。

他のCMシリーズは以下からご覧いただけます。