Case: Pirinsko Ledeno brand activation @ Kapana Fest’19 – 121Agency

世界中にビールの輸出をしているデンマーク発のビール会社・Carlsberg。今回は、同社が手がけるビール“Pirinsko Ledeno”がブルガリアで実施した製品プロモーションをご紹介。

同社は、ブルガリアで最も大きなフェスティバルの1つ“カパナフェスティバル2019”に合わせて、街中に“氷のトンネル”を設置。新製品のPirinsko Ledenoが-1℃でフィルタリングされていることが特徴だったことから、氷を使ったプロモーションを考えたのです。

しかも、このトンネルは単に氷でできているわけではありません。床がスクリーンになっていて、映像や音で氷の床を演出したり、スモークを炊くなど多感覚のトンネルになっています。トンネルの中には、もちろん新商品のPirinsko Ledenoも置かれています。

結果的に、オープンから3日で、5,500人以上が来場。テクノロジーを駆使することで、多くの人に-1℃の新商品を肌で体感してもらうことができたのでした。

プロモーションの様子は以下のビデオからご覧いただけます。