Case: KEEPING FORTNITE FRESH

欧米で圧倒的な人気を誇り、全世界で2憶人以上がプレイしているバトルロイヤル・ゲーム『フォートナイト』。

小さな島に100人のプレーヤーが集い、生き残りをかけて戦うこのゲームでは、期間限定モードとして各種ブランドや映画などとコラボしたイベントが不定期で開催されます。

昨年の『フードファイト』では、ハンバーガーとピザをテーマに2つのチームに分かれた攻防戦が繰り広げられましたが、このイベントに便乗してプロモーションを行ったのが米ハンバーガーチェーンのWendy’s。

フォートナイトで『スキン』と呼ばれるコスチュームを自由に変える機能を使って、同社のマスコットキャラクターの女の子を再現し、フードファイトに参戦することにしました。

ところがこのアバター、バーガーチームに所属するのかと思いきや、『Durrr Burger(=バーガーチームの名前)は冷凍庫だらけ。ウェンディーズは絶対に冷凍肉は使わない』と、ピザチームの一員としてバーガー相手に戦うとTwitter上で宣戦布告したのです。

実際のプレイはというと、敵と戦うわけでも相手の陣地に攻め込むわけでもなく、Durrr Burgerの冷凍庫を9時間にわたってひたすら破壊。

そしてその様子をTwichでライブ配信したところ、『Wendy’sのキャラクターが、ゲーム内のハンバーガーショップ相手に大暴れする』というシュールな光景が瞬く間にプレーヤーたちの間で話題に。一緒になって冷凍庫を壊しまくるプレーヤーが続出するほどの盛り上がりを見せました。

数百万人のフォロワーを持つインフルエンサーがメンションしたり、Twitchでもハイライトシーンに採用されるなど、多くのユーザーにリーチすることに成功した本施策は、カンヌ・ライオンズのSOCIAL & INFLUENCER部門でグランプリを獲得しています。