Case: Your Plastic Diet

AdGangでも度々お伝えしている、プラスチックごみによる海洋汚染問題。WWFによると、世界では毎年800万トンのプラスチックが流出しており、それらはマイクロプラスチックと呼ばれる非常に小さなかけらとなって海を漂っているのだそう。

マイクロプラスチックは食物連鎖を通じて、また飲料水や空気中にも混ざって人間の体内に取り込まれます。このことをもとにWWFが実施したのが、プラスチックを食べるのをやめようと呼びかけるグローバルキャンペーン『Your Plastic Diet』。

映像やHPでは、私たちが平均して1週間で5g、1カ月で21gにのぼるプラスチックを取り込んでいることを、クレジットカードやハンガーなど同じ重さの身近な製品を引き合いに出して視覚的に示しています。

HPでは海洋汚染にまつわる情報の紹介に加え、簡単な質問に答えると自分がどれだけプラスチックを摂取しているか測定できるコンテンツも用意。

WWFは、現状を改善するためには各国政府が協力して法的拘束力のある条約を作ること、そして企業がプラスチックの生産と使用に責任を持つことが必要だと訴えており、国際会議の場において働きかけるための署名活動に参加するよう、人々に呼びかけています。