Case: Rent a Finn

国連が毎年行う調査で『世界で一番幸せな国』といわれるフィンランド。社会保障の充実や自由度の高さなど様々な理由がありますが、その中でも人々の幸福度と深いかかわりを持つのが、同国の雄大な自然だと言われています。

また多くの旅行者は日ごろの喧騒から離れ、静けさと穏やかな自然を求めていることに着目したフィンランド政府観光局は、同国の幸せに満ちたライフスタイルを実際に体験することができるキャンペーン『Rent a Finn』を立ち上げました。

RENT A FINN – Visit Finland from Oy SEK Ab on Vimeo.

これは応募者の中から選ばれた8組の旅行者が、この夏にフィンランド人『幸せガイド』を“レンタル”して数日間を共に過ごし、様々なアクティビティを体験するという取り組み。彼らの幸せの秘訣を、スローライフを通じて体感してもらうのが狙いです。

例えばガイドの一人であるユホさん。日本で生まれ育った彼は、現在家族とともにヘルシンキ近郊のキルッコヌンミに住んでおり、定期的にヌークシオとポルッカラに出かけるそう。紹介ビデオでは森の豊かさを語るとともに、参加者にはカヌーやサウナ体験を用意していると話しています。

キャンペーンサイトでは、他の7組の幸せガイドや6,000以上の応募の中から選ばれた参加者、各地の見どころなどを日本語を含む9か国語で紹介。世界149か国・13億人以上にリーチし、広告費換算で3,400万ユーロのメディア露出を果たしたといいます。

世界一幸せな国から学ぶ『幸せのメソッド』、ぜひ体験してみたいものですね。