Case: Memeloleo

活字離れが進み、ペーパーバックの売り上が低迷する中、スペインで出版された本『En los Ojos del Rey(作:Sonia Martínez Martínez)』のプロモーションがユニークだと話題を呼んでいます。

広告を担当したエージェンシーのSaatchi & Saatchiが着目したのは、数年前から海外サイトなどで話題になっている『ミーム』。ミームは主にSNSを通して拡散する画像・動画・文章などを指しますが、要は“ネット上で流行っている面白ネタ”のようなもの。

画像を加工したり、テキストを加えてちょっとシュールなオチを付けるなど、多くのユーザーを介して広まっていく過程の中でどんどん変化していくのもミームの特徴です。

Saatchi & Saatchiはインスタグラムに小説のアカウントを立ち上げ、ここ数年の間に世界的に流行したミーム画像を掲載。それぞれの画像に合ったテキストを加えながら、物語の概要を説明しました。

このちょっと変わったプロモーションは多くのネットユーザーにリーチし、またメディアに取り上げられた結果、小説がトレンド入りするほど注目を集めることに成功。

普段あまり本を読まない人たちにも、ミームをきっかけに興味を持ってもらうことを狙ったデジタル施策でした。