Case: Valio Jaatelofabriikki SWEET SUITE

アイスクリームブランドのValio Jäätelöfabriikkiがフィンランドで実施した、ミレニアム世代向けのプロモーションをご紹介。

同社はヘルシンキに、若者をターゲットにした“インスタ映えするホテルの部屋”をデザイン。アイスクリームをテーマにして内装はピンク一色。ホテルの部屋ではまずお目にかからないブランコも設置しました。

さらに部屋で思う存分アイスクリームを体験できるよう、冷蔵庫はアイスクリームでいっぱい。

本プロモーションに当たり、ミレニアム世代のトレンドと特徴である“ステイ体験”と“SNS依存症”を組み合わせたといいます。今回6ヶ月間限定のプロモーションにすることでプレミア感も演出しました。

結果的に多くのインフルエンサーの間で話題となり、リーチ数は6,600万人、インスタのエンゲージメントは92,000件、メディア広告換算額は300万ユーロ以上にのぼりました。

デジタルで表現できないアイスクリームの甘さをクリエイティブな甘さへと置き換えることで、ミレニアム世代の心をがっちりと掴んだPR施策でした。