Case: The Ice Cream Ping Pong Master

ペルーのNestleが発売するアイスクリーム『Sin Parar』は、棒アイスの中に液体状のソースが入っている新商品。メインターゲットである若者にアプローチするため、同社はユニークな動画を制作することにしました。

スペイン語では棒アイスのことを『Paleta』というそうですが、この言葉はどうやら“平たい形状の物”を指すようで、棒アイスのほかにもペロペロキャンディーや絵の具のパレット、そして卓球のラケットなども『Paleta』と呼ばれるのだとか。

またペルーは世界でも有数な親日国であり、食べ物や漫画といった日本の文化は多くの人に愛されています。

この2つの事実をもとに、ネスレは日本の卓球プロコーチである渡辺貴史氏を広告塔に起用することを決定。はるばるペルーへと招き、アイスのプロモーション動画を制作しました。

The Ice Cream Ping Pong Master from NODOS on Vimeo.

渡辺氏は卓球の球を小さな的に当てるなどのトリックショットの動画を公開しているインフルエンサーでもあるのですが、今回ネスレは彼にラケットをSin Pararに持ち替え、様々なチャレンジ企画に挑戦してもらうことに。

するとこれらの動画はまたたく間に注目を集め、テレビへの出演オファーが続々と舞い込むほどに。技を披露したり地元ペルーのインフルエンサーと対決したりと、お茶の間の人気者になったといいます。

このプロモーションを通じて、ネットに公開された動画の視聴回数は2,200万回にものぼり、5,300万件のインプレッションを獲得。また売り上げは当初の試算より40%アップするなど、大成功を収めました。

ペルーで大人気となった渡辺氏の動画は、InstagramYouTubeで公開されており、一見の価値あり。ご興味のある方はぜひ覗いてみてください。