直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、Oisix、CAMPFIRE、岡山トヨペット、日本コカ・コーラ、ガスト/山芳製菓の事例をご紹介。

1:春日部駅に「野原みさえ」と全国の母に向け応援メッセージ出現(Oisix)

食品宅配などを展開するオイシックス・ラ・大地が運営する「Oisix」は、「クレヨンしんちゃん」とコラボレーションし、みさえさんと全国のお母さんに向けたメッセージを埼玉県の春日部駅交通広告にて発信。5月6日(月)から期間限定で春日部駅に掲出。反響の大きさから当初の予定よりも掲出期間を1週間延長となった。

本広告では、「拝啓 野原みさえ様」から始まり、“みさえさん、ありがとう。おかあさん、ありがとう”と共に、2005年に公開された映画での忙しい朝を描いたシーンを取り上げている。さらにSNS上での声を受け、拝啓に続く宛名部分を空白にして、ひとりひとりに置き換えられる画像もTwitter上に公開している。

2:「#夢を諦めてはいけない」全85パターンのメッセージを展開(CAMPFIRE)

クラウドファンディング「CAMPFIRE」は、「○○を理由に夢を諦めてはいけない。」という全85パターンのメッセージ広告を5月10日(金)〜5月16日(木)の期間、JR山手線車両はじめ川崎市の工場地帯、府中市の関東医療少年院の正面などで展開。

本広告では、「資金集めを民主化し、世界中の誰しもが声をあげられる世の中をつくる。」をスローガンに活動する同社の企業フィロソフィーを表現。山手線内に「会社勤めを理由に夢を諦めてはいけない。」、川崎市の工場地帯に「お金を理由に夢を諦めてはいけない」、府中市の関東医療少年院の正面に「過去を理由に夢を諦めてはいけない」など、さまざまな立場の人々に対してメッセージを訴求。どんな事情があっても夢を諦めないでほしい、そして夢を諦めないですむ社会を目指す、という企業の意志をメッセージとして届けることを意図している。

3:「あおり運転」の怖さを切り絵ストップモーションアニメで発信(岡山トヨペット)

STOP ROAD RAGE

岡山トヨペットは、5月13日(月)より同社の交通事故ゼロ・プロジェクト第6弾として「STOP ROAD RAGE」のPR動画を公開。

本動画は、昨今問題となっている「あおり運転」が引き起こされるまでの加害者と被害者の心理的な描写を、紙人形を使ったストップモーションアニメーションで表現。切り絵アニメーションを担当したのは、アニメーターの岡本将徳さんで、動画の総コマ(カット)数は約1320コマ、総勢約535体もの人形が登場する。

また、「あおり運転」の被害者・加害者にならないために、日本アンガーマネジメント協会が提供する怒りの感情と上手に付き合う心理トレーニング法と、運転をしたことのある20代~60代の男女420名を対象にした「危険運転と怒りに関するアンケート調査」結果も特設サイトに掲載。

4:「爽健美茶」が平成ソング25選をオリジナルアレンジ(日本コカ・コーラ)

爽健美茶 25 YEARS HIT SONG ボトル

発売から25周年の「爽健美茶」は、過去25年間にヒットした平成の名曲を、豪華プロデューサー達によるオリジナルアレンジで聴ける期間限定の「爽健美茶 25 YEARS HIT SONG ボトル」キャンペーンを5月13日(月)〜10月31日(木)まで展開。

対象製品を購入してラベルに記載のQRコードをスマートフォンで読み込みキャンペーンサイトにアクセスすると、全25曲の中から、QRコード1つにつき1曲をストリーミング再生できる。さらに楽曲をSNSでシェアすると、最大3曲のボーナストラックを追加で楽しむことができる。

キャンペーン楽曲は、5月14日(火)より全国で放映を開始する「爽健美茶」の新TVCMの中田ヤスタカさんによるプロデュース楽曲をはじめ、ダンスミュージックシーンで活躍する新進気鋭のプロデューサー達がアレンジ。5月13日(月)より前半の12曲、7月8日(月)より後半の12曲が公開される。

5:ガスト×わさビーフ Twitter上での熱愛でコラボメニュー実現(ガスト/山芳製菓)

すかいらーくレストランツと山芳製菓は、ファミリーレストラン「ガスト」で、5月16日(木)から双方の公式Twitterのやり取りから誕生したコラボレーションメニュー「わさビーフポテトフライ」を発売。店舗調理の出来たてで提供するガストの大人気メニュー「山盛りポテトフライ」に、「わさビーフ」のパウダーをたっぷり絡めたメニューだ。

わさビーフ公式キャラククター「わさっち」と「ガスト」は、公式Twitter上でガストのポテトの新しい味の開発トークを展開。ガストが、山芳製菓が届けた秘密の粉とポテトを組み合わせてみたところから「ガスト」と「わさっち」のトークは恋愛モードに突入。その後も公式Twitter上でデートを重ねるなどして、ついに結ばれた2社の恋模様にも注目–というストーリーから生まれた商品だ。

AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供いただいた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。