Case: A1 Lappsus case film

クロアチアのモバイルキャリア・A1 Hrvatskaが、10代を対象に正しいスペリングを学べるアプリを開発しました。

同国では、75%の高校生が常態的にスペルミスを起こしているといいます。一方で彼らは1日あたり平均150回もスマートフォンをチェックします。

そこに着目した、A1 Hrvatskaは高校生に正しいスペリングを身に着けてもらうことを目的として、スマホのロックを解除する際に、“スペリングのクイズを出す”アプリを作りました。

アプリをインストールしてロックを解除しようとすると、3回に1回、間違えやすいスペリングのクイズが表示され、正解しないとロックが解除されないという仕組みです。

このアプリをインストールすることによって、1日の間に何度も正しいスペリングをチェックする習慣がつくというわけです。もちろん、10代以外のすべての人も利用可能です。

さらに、クイズに正解すると無料のデータ容量をプレゼントするという試みも行いました。

SNSによるプロモーションも行い、数日で国内でもっとも有名なアプリの一つとして認知されることに成功。若者のスマホ依存を逆手に取り、学習の場へと結びつけた秀逸なアプリでした。