Case: BRU Social Plates

皆さんは『Foodstagram(フードスタグラム)』という言葉をご存知でしょうか。なんとなく想像できるかと思いますが、これはレストランなどで美味しそうな料理の写真を撮って、SNSに投稿することを意味します。

しかし“映える”写真を撮るのに夢中になってしまい、一緒にいる人に不快な思いをさせてしまってはせっかくの食事が台無しに。

そんなシチュエーションを避けるべく、ベルギーのミネラルウォーターブランド・Bruは画期的な方法を考案しました。

同社が着目したのは、2017年以降に発売のiOS11を搭載したiPhoneでは、標準カメラアプリでQRコードを読み取ることができるという仕様。Bruを提供するレストランと提携し、料理を盛る器に小さなQRコードをいくつも描いてスマホのカメラに映りこむようにしたのです。

料理にレンズを向けると、お皿に描かれたQRコードが自動的に読み込まれ、スクリーン上部に『いい写真ですね!でも一緒にいる人と楽しい時間を過ごすのを忘れないでくださいね!』とメッセージが表示されます。

写真を撮ろうとしたそのタイミングで伝えることができるので、SNS用の写真撮影に没頭してしまうのを防ぐことができるというわけです。

この食器はBruのHPで販売され、レストラン・個人ともに購入可能(現在は終了しています)。幸せな食事のひと時を大切にしてほしいと願う同社のユニークな試みでした。