Case: The Skip Ad is a Skip Ad

衣料用洗剤ブランド・Skipが、ペルーで打ち出したユニークなキャンペーンのご紹介です。

『Skip』という製品名の認知度アップのために同社が着目したのは、YouTubeのプレロール。ご存知のように動画コンテンツが始まる前に流れるプレロール広告は、数秒が経過すると画面の右下に『Skip Ad(広告をスキップ)』と表示されるのですが、このスキップボタンを“(洗剤の)Skipの広告”という意味で使ったのです。

Skipはこの広告を、プレロールのほかにも屋外看板やインフルエンサーを通じて『あなたの服も、YouTubeもクリーンにします』とキャッチーなタグラインで発信。

ユーモア溢れるアイディアに「あのスキップボタンがSkipの広告だったとは!」とネット上では大いに盛り上がったといいます。

『Skip』という共通項に目を付け、ほとんどの人がクリックするであろう“スキップボタン”を自社の広告へと変えてしまったという斬新な施策でした。

Skip_Ad_Case from Lucas Bargen on Vimeo.