Case: The longest bank advertisement in the world

カザフスタンの銀行・ForteBankによるユニークなPR動画をご紹介。

この国の人々はあまり銀行のオンライン取引を利用しないそうで、およそ4割もの人が給料日になるとまずはATMに現金を引き出しに行くのだといいます。そこでForteBankが公開したのが、ネットバンキングの手軽さ・便利さを訴求する映像。

FooortePay: the longest bank advertisement in the world from RA Kombinat on Vimeo.

主人公の男性が借金を返すために車で現金を運ぶというストーリー仕立ての内容ですが、なんと700km離れた目的地までの道のりが9時間にわたって延々と流れます。

ただ車を走らせているだけのつまらない動画を流すことで『こんな風に時間を無駄にしなくても、オンラインであっという間に送金できますよ!』と訴えかけたわけですが、実はこの動画には、たくさんの人に最後まで見てもらうための仕掛けが隠されています。

それは画面に時々現れる数字を全部見つけ出した人に、現金100万KZT(約30万円)の賞金を贈呈するというプレゼント企画。

SNSでこのイベントを告知したところ動画の再生回数は60万回を超え、中には見つけた数字を売ったりリアクション動画を投稿する人も登場するなど、大きな盛り上がりを見せました。

キャンペーンの結果、オンライン取引の回数は以前に比べ20%増加したとのこと。9時間の動画というだけでも風変りですが、そこに宝探し的な要素を加えてさらなる話題性を生み出したユニークな広告でした。