Case: Burn Racist Gigs

アメリカの人気カルチャー誌・Rolling Stoneがイタリアで仕掛けた、ユニークな社会啓蒙キャンペーンをご紹介。

排外主義を掲げる極右政党が台頭し、人種差別の言説が溢れている同国の現状に対抗するべく、レイシスト(差別主義者)たちが好むビデオメッセージを掲載した「おとりのまとめサイト」を開設しました。

「riprendiamocisubito(俺の話を聞け).com」と名付けられたこのニセサイトでは、ネット上で支持を集める“レイシズム(差別言説)動画”を大量に掲載。

サイトを訪れたレイシストたちは巨大なサイズの動画を連続して閲覧させられ、彼らの使用可能な携帯端末のデータ通信量(いわゆる「ギガ数」)をあっというまに使い果たしてしまうという仕組みになっています。

いきり立ったレイシストたちが言説をSNS上でシェアしようとしても後の祭り。端末会社のデータ量制限にひっかかり、新たな憎悪をネットに放つことが物理的に不可能となります。

暴力に暴力で対抗するのではなく、デジタルならではの方法で“自滅”を促す── SNSを介して広まる現代のレイシズム構造を逆手にとった、斬新な社会啓蒙キャンペーンでした。

(via THE Stable)