Case: #FeelYourWay

米バーガーキングが同国のメンタルヘルス啓蒙団体・Mental Health Awarenessとのコラボで展開した店頭キャンペーンをご紹介。

“同業他社”の「ハッピーセット」に対抗し(?)『Real Meal』と名付けられた特別パッケージ商品を販売しました。

ラインアップは『YAAAS(よっしゃー!)』『BLUE(ヘコむ)』『PISSED(ブチ切れ)』『SALTY(つらい)』『DGAF=Don’t Give A F**K(気にしない)』の5種類。かならずしもハッピーとは限らない、ありのままの感情に寄り添ったコンセプトになっています。

パッケージ発売にあわせ、「Feel Your Way(“私の道”を感じよう)」と呼びかける特別CMも公開されました。

#FeelYourWay

CMに登場するのは、さまざまな「負の感情」に苦しむ人々。自室でふさぎ込む男性は「誰もがハッピーなわけじゃない。身を刺すような悲しみに沈むときだってある」と語ります。

学校での陰湿ないじめに傷つく高校生は「もういやだ… こんな街、もう出ていきたい」と涙を流し…

オフィスワーカーの女性は「あのクソ上司…いつも厄介事ばかり仕掛けやがって」と怒り心頭。

パートナーと一緒にくつろいでいるはずの男性は「ひとりじゃないのに、ひとりぼっちだ」とつぶやきます。

やがて場面は切り替わり、さきほどの高校生がロッカーを思い切り蹴飛ばす姿が。

「みんないつもハッピー、とは限らない。大丈夫。」心をかき乱されるすべての人々に語りかけるようなメッセージでCMは締めくくられます。

人間、生きていれば出口のない気持ちになることもある。“ひとつのハッピーを押し付ける”のではなく、ひとつでも多くの気持ちに寄り添いたい── 最小限まで言葉を削ったメッセージが深く印象に残るキャンペーンでした。