Case: NEIGH-SMR (aka Horse Eating ASMR)

米ケンタッキー州レキシントン市が実施した、ユニークな観光客誘致動画をご紹介。

同市が競走馬の産地として知られていることをアピールしつつ、「ASMR(脳がゾワゾワするような“近くて立体的な音”)」のトンマナを利用した「NEIGH-SMR(馬がいななくASMR)」と銘打った立体音響ムービーを製作してしまいました。

立体音響マイクの前に連れてこられた一頭の馬。

「ボリッ、ゴリゴリ」硬い人参をかじる音や「シャグシャグ…ジュウ」とリンゴをかじる音を、まるで耳のそばでやられているような音質と立体感でぶつけます。


ときには「ヒヒーン!」と文字通りいななく様子も。

シンプルすぎるほどにシンプルなコンセプトですが、馬を愛する人にとってもっとも魅力に感じる部分のひとつである「馬の息づかい」が印象に残ります。「世界でいちばんの馬王国」を自ら名乗るレキシントン市らしい、ユニークなキャンペーンでした。

(via ADWEEK)