Case: Liters

2018年5月、ブラジルで起こったトラック運転手による全国規模のストライキ。これはガソリン価格の高騰に抗議したもので、物流網が麻痺するなど経済に大きな混乱をきたしました。

ガソリンスタンドでは在庫が急減し、人々が長蛇の列をなすなど不満の声が高まる中、同国の自転車メーカー・Caloiが打ち出したのが『Liters』というキャンペーン。“1台の自転車の値段が何リットル分のガソリンに相当するか”を示した屋外広告を制作しました。

『Caloi URBAM』 859レアル=199リットル

『Caloi TWISTER』 549レアル=145リットル

『Caloi ANDES』320レアル=85リットル

車種にもよりますが、およそ数回の給油で人気の自転車が買えるという計算結果に。この広告はより多くの人の目にふれるよう、特に混雑度の高いガソリンスタンドに近くに設置されたといいます。

値段が高いうえに、買ってもすぐになくなってしまうガソリンにお金をつぎ込むのをやめて、健康にも環境にも、そしてお財布にも優しい自転車に乗るよう呼びかけたキャンペーンでした。