Case: Thinking in Color

アメリカ最大の塗料メーカー・Sherwin-Williamsが、ヒトの脳波を使ったユニークな試みを収めた動画を公開しました。

SW Thinking In Color – Cannes from Wunderman Minneapolis on Vimeo.

『Thinking in Color』と名付けられた本プロジェクトは、ヘッドセットを装着した人の脳波をモニタリングし、その“動き”から色を生成するという企画。脳波は周波数の違いによってアルファ、ベータなど5種類に分類されますが、それを読み取り、変換すると頭の中に描いた色を目の前にある大きなスクリーンに描き出すことができるのです。

“色を体験する”この取り組みは、カリフォルニアやフロリダなど各地で実施され、SNSやオンラインニュースで大きな話題に。2,000人以上の参加者によって作り出された12の新色をまとめたコレクション『Architect Series』も発表されました。

創業153年の老舗メーカーでありながら、常に革新的であり続けることを忘れないSherwin-Williams社。想像をカタチにできるというのは、考えただけでワクワクしますね。