Case: Music is felt at the airport

“The Bogotá Music Market” (BOmm)は、ラテンアメリカで知られた音楽フェスティバルです。

昨年コロンビア首都・ボゴタで開催するにあたって、一風変わったプロモーションを実施したのでご紹介。

BOmmは、国内外からフェスの参加者が集まってくる最寄りの空港、エル・ドラド国際空港周辺にある16点のデジタルサイネージを設置。

それらのディスプレイに、昼間は様々な楽器で奏でられるメロディーと独自のアルゴリズムでアニメーション化したコンテンツを配信。本企画にあたって、国内で人気の楽器とソフトウェアを使って8曲が作られたといいます。

一方、夜間はLEDライトショーを展開。ユニークなビジュアルハーモニーを作り出し、見る人の感覚にアプローチすることで音楽のパワーを感じさせる工夫を施しました。

“音楽は聴くものではなく感じるもの”というメッセージを伝えるべく行われた本プロモーション。音楽の新たな魅力を実感してもらうために、あえて音楽とは異なる手法に着目した取組みでした。