Case: Matchtime Munchies

ヒマワリ油を主力とした食用油を製造・販売するインドの食品メーカー・Gold Winnerによる卓越したデジタルプロモーションをご紹介。

これまでどうしても主婦層に偏りがちだったターゲットを若い世代にも広げるためには、どのようなアプローチが効果的か模索していた同社は、インドの女性とクリケットの関係性に着目しました。

日本ではあまり馴染みがありませんが、クリケットはインドで非常にポピュラーな競技で、IPL(インディアン・プレミアリーグ)は“インド版スーパーボウル”と呼ばれるほど盛り上がるのだとか。

女性ファンも多く、特に南部のタミル·ナードゥ州を拠点とするチーム『チェンナイ スーパーキングス』の試合はかなりの高視聴率を記録します。さらに別の調査によると、クリケットの試合を好んで見る女性たちの7割以上が“料理好きだ”という結果が出ているそうです。

そんな“スポーツ好き”と“料理”を組み合わせてローンチしたのが『Matchtime Munchies』というキャンペーン。多くのフォロワーを持つ人気フードブロガーとタイアップし、Gold Winnerの製品を使った18種類のレシピ動画を制作しました。

クリケットにちなんだユニークな名前を付けたメニューは、どれもヘルシーかつ簡単に作ることができ、家でのゲーム観戦のおつまみに最適です。

このコンテンツを『チェンナイ スーパーキングス』のFacebookファンアカウントに掲載したところ、インスタグラムと合わせて1,400万人にリーチ、2,200万回の視聴回数を記録。するとGold Winnerのフォロワー数は85%、エンゲージメント率は200%増加するなど、大きな注目を集めることに成功しました。

料理とスポーツの意外な関連性をプロモーションに生かした事例。リサーチ力と発想力が光るデジタル施策のご紹介でした。