Case: Tiger Woods Same Dream

2019年男子ゴルフのメジャー第1戦「マスターズ」で優勝した米プロゴルファー タイガー・ウッズ。今回の勝利を受けて、スポンサーのNIKEが感動的な動画広告を公開しました。

広告内では、タイガー・ウッズのゴルフ人生における様々な勝利にフォーカス。
そして、「酸いも甘いも知り尽くしたメジャー通算15勝の43歳が、3歳の時と同じ夢を追いかけているなんて信じられない」という言葉の後、3歳の頃のタイガーが映し出されます。

そこで3歳のタイガー・ウッズは、メジャー通算18勝の記録を保持するジャック・ニクラスに対して「勝つつもりだ!」と宣言しているのです。

本動画は4月14日にNIKEの公式Twitterへ投稿され、再生数は2600万回を突破。ユーザーからはポジティブな反応ばかりで、いいね数は35万、リツイート10万、コメント数は2,800にも上っています。


2000年代の低迷期に、ペプシやゲータレード、ゼネラルモーターズなどの企業が契約を打ち切る一方で、NIKEは1996年からスポンサーであり続けてきました。今回の復活勝利で、NIKEの株価は上昇、宣伝効果は25億円にも上ると言われています。

どん底を支え続け、見事な復活劇により最高のPR機会を得たNIKE。スポンサー企業として一つの在り方を示す取組みでした。