Case: A night at the Louvre | Airbnb

フランス・パリにあるルーブル美術館がAirbnbと連携し、“夜の美術館の宿泊権”を賭けたコンテストを実施しています。

ルーブル美術館は、ナポレオン広場に設置されたガラスのピラミッドの30周年を記念して今回のコンテストを企画。

「なぜあなたはモナリザにとっての最高のゲストなのですか?」という質問に800文字以内で回答し、その中から選ばれた2名が“夜のルーブル博物館に宿泊できる権利が得られる”という座組みです。

特設ページでは、「ホストであるモナリザが家(=ルーブル美術館)に客を招待する」という設定になっています。

宿泊プランの概要は以下の通り。

閉館後、オバマ前大統領やビヨンセなども体験した夜のVIPガイドツアーに参加。その後、モナリザの部屋でカクテル、ミロのヴィーナスの部屋ではシェフによるディナーが振る舞われ、ナポレオン3世の部屋ではプライベートなアコースティックコンサートが催されます。最後は、ガラスのピラミッドの中で眠りにつきます。

大勢の来場者が夜の美術館に興味を持っていたことから、忘れられない思い出とアートの素晴らしさとを感じてもらいたいと本企画の開催に至ったといいます。

コンテストは2019年4月12日まで開催。
ルーブル美術館とAirbnbの連携施策は2019年5月から12月までの間、他のプランも含めて展開予定とのことです。