Case: The Selfie Scarf

ドイツのプロサッカーリーグ・ブンデスリーガ2部リーグに所属するFC Köln(FCケルン)は、現在1部リーグへの昇格争いの真っ最中。負けられない試合が続く中、死力を尽くして戦う選手やスタッフをファンも盛り上げます。

しかしスタジアムで観戦しているサポーターには、ちょっと困った問題があります。それは試合の盛り上がりをSNSにアップしたくても、ゲーム中には自撮り写真を撮れないこと。試合展開の早いサッカーでは、スマホを取り出し、カメラを起動して…と準備している間に、素晴らしいプレーやゴールシーンを見逃してしまう可能性があるからです。

そんなジレンマを解決するべく、チームのスポンサーである保険会社のDEVKが作ったのがこちらのグッズ。

一見したところチームのロゴが入った普通のスポーツタオルに見えますが、中央付近にスマホを入れるポケットがあり、ちょうどカメラのレンズが出るようなサイズ感になっています。

さらにタオルの端の部分にはBluetoothでスマホに接続するリモートシャッターがついていて、タオルを広げてシャッターを押せば簡単にセルフィーが撮れる仕組みに。

この便利なセルフィータオルを使えばいちいちスマホを取り出す手間も省けますし、大事なプレーを見逃す心配もないというわけですね。

ブンデスリーガは、1部リーグの下位2チームと2部リーグ上位2チームの入替え制で、現在FCケルンは2部リーグの首位に立っています。シーズン残り8試合、選手とファンが一丸となり、熱い戦いを繰り広げます。