直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、ロッテ、三菱自動車工業/ウェザーニューズ、そごう・西武、チロルチョコ、カゴメの事例をご紹介。

1:平成生まれの24種から選ぶ!『#平成の雪見だいふく復刻総選挙』(ロッテ)

#平成の雪見だいふく復刻総選挙

ロッテは、平成に生まれた雪見だいふくの中から24種類を選抜し、「もう一度食べたい平成の雪見だいふく」を選んでもらう『#平成の雪見だいふく復刻総選挙』を4月2日(火)よりTwitterにて実施。本企画は、平成に生まれた24種類の中からもう一度食べたいものに投票してもらい、復刻する雪見だいふくを決めてもらうというものだ。そして選ばれた1種の商品は復刻、総選挙への参加者の中から抽選で100名にプレゼントされる。

なお、特設サイトでは、平成に生まれた24種類の雪見だいふくの選挙風ポスターを掲載。新元号が発表になった翌朝には「令和になったって、“福”のかたちは変わりません。」のメッセージとともに、「#平成の雪見だいふく復刻総選挙」の広告を、読売新聞(全国版朝刊)に掲載した。

2: 新元号が始まる最初の“日の出”出現確率を予測(三菱自動車工業/ウェザーニューズ)

令和初日の出NAVI

三菱自動車が実施運営する、“探検マインド”を持つ行動派の客を応援かつ魅力ある週末の過ごし方を提案するプロジェクト「週末探検家」では、気象情報会社ウェザーニューズとのコラボレーションにより、新元号が始まる5月1日(水)の全国日の出スポット100ヶ所の”日の出”出現確率を予測するシステム「令和初日の出NAVI」をWebサイトにて公開。

サイトでは5月1日(水)にむけ全国の日の出スポットが徐々に追加され、各スポットの出現確率が予測できるようになる。長期休暇となる今年のゴールデンウィークには、車に乗って近くの「令和初日の出」スポットへの探検に挑戦してもらうことを目指している。

3:母と子のコミュニケーションを贈る書籍「母の日テスト」(そごう・西武)

そごう・西武では、4月9日(火)~5月12日(日)の期間、「今年こそ、ちゃんと母の日。」をテーマに母の日プロモーションを開催。その一環で、昨年同社が展開して反響を呼んだ「全国一斉母の日テスト」を「母の日テスト Dear Mom」として書籍化。本書を通じてコミュニケーションを贈る母の日を提案している。

お母さんにまつわる100の問題が掲載され、その問題の答えを記入してお母さんにプレゼントとして贈れるようになっており、お母さんに採点してもらったり分からなかった所を聞いたりと、自然とコミュニケーションが生まれる内容となっている。対象売場では、完成した本とプレゼントをセットにして贈ることができるギフトボックスも用意している。

4:ブーケの形になる母の日向け「花束チロル」(チロルチョコ)

チロルチョコは、付属のリボンで袋を結ぶとブーケの形になる、母の日向けのアイデア商品「花束チロル」を4月8日(月)より新発売。本商品の裏面にはメッセージ欄付きで、個包装も花柄になっている。チョコレートの味は〈ローズ〉、〈いちごゼリー〉、〈いちごビス〉の3種類で、全部で21個のチョコを花束の花に見立てて包装。同社は花束チロルで日頃の感謝を伝えることを提案している。

5:新時代を担う若き才能を応援するカゴメ新プロジェクト発表(カゴメ)

GO!ME.

カゴメは、現代社会を自分らしく突き進む若者達を応援するプロジェクト「GO!ME.」を4月2日(火)より開始し、プロジェクト宣言ムービーを公開。

本プロジェクトは、20代~30代のウォンツに応える野菜飲料「ONEDAY」「AOJIL」の新発売に合わせて開始。現代社会を自分らしく突き進む若者達の、カラダ本来の調子をカゴメの商品を通して引き出し、日々の活動やパフォーマンスの向上をスポンサードしていくことがプロジェクトの目的だ。

本ムービー内では、総再生回数1億回超の人気クリエイター「ねお」、幕張メッセでのワンマンLIVEを成功させ、人気急上昇中のロックバンド「KEYTALK」など、様々な世界で活躍するメンバーが登場。各メンバーが現代社会で、自分らしく今を突き進んでいく姿を表現している。今後は、個別にメンバーの活動をサポートするプロジェクトも展開予定。

AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供いただいた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。