Case: BK Café Coffee

米バーガーキングが、大手コーヒーチェーン・スターバックスへのカウンターとして繰り出した強烈なサービスをご紹介。

BK Café Coffee』と名付けられたこのサービスでは、毎月US5ドル(≒約556円 ※2019年4月3日現在)の定額料金を支払うことで、Sサイズのコーヒーを毎日1杯ずつ楽しむことができるというもの。

希望者は、バーガーキングの専用アプリからこのサービスに登録。アプリ画面に表示される「コーヒーチケット」を店頭で提示し、商品と引き換える仕組みとなっています。

提供するコーヒーには本場アラビカ種の豆を100%使用。業界の巨人・スターバックスのロゴを「あからさまに」意識したデザインのロゴを掲げ、“本家”へ真正面から戦いを挑んでいます。

バーガーキングの公式Twitterは「(発表のニュースに対して)『こりゃぁカフェイン以上に目が覚めるな!』とつぶやいてくださったみなさんが夢からさめないよう、ぜひサービス登録を!」と、やる気満々の煽りコメントを投稿。


あわせて公開されたプロモーションムービーでは、バーガーキングのオリジナルキャラクターがアラビカ種の産地・エチオピアを思わせる農園で汗を流して豆を収穫。「スターバックスのラージサイズ・カプチーノ1杯の値段で、バーガーキングなら1ヶ月極上のコーヒーが楽しめる!」と、そのおトクさを徹底的にアピールしています。

たんなるカウンター企画にとどまらず、テクノロジーをも駆使して本格的に競合他社へ殴り込みをかけるバーガーキング。強気すぎる攻めの姿勢に今後も目が離せません。