Case: IKEA rrrRRrrt

ブルガリアのIKEAが実施したユニークなSNS投稿施策をご紹介。

普段は家具の写真などごく一般的な投稿を行うアカウントでしたが、ある日、すべての投稿で“ppppPPPpppPppp”という電話音をあらわす綴りのみにしたのです。

質問に対するコメントも、“ppppPPPpppPppp”のみ。

一見、何かのミスや誤投稿のようですが、実はこれは意図的なものでした。

2日間に渡ってこの投稿を続けることで、ユーザーは面白がり、シェアがどんどん拡散されたのです。なかには、IKEAに新しいロゴに「PPPP」を提案する人も。

結果的に、今回のSNS施策によりWebサイトのクリック率は通常の3倍にアップ。しかも、2日間でかかった費用はわずか40ユーロでした。

クスリとする話題を提供し、ユーザーに反応を委ねる、思い切ったSNS投稿でした。