Case: Sleeper seats

イギリスのトーマス・クック航空より、エコノミークラスでも足を伸ばしてくつろげる新しい座席シート『sleeper seats』が登場します。

これは横並びの3つの座席をつなげて使えるというもので、ニューヨークやカンクン等長距離路線の一部の便で採用されるとのこと。専用マットレス・シーツ・枕・ヘッドレスト・ブランケットが用意されており、セッティングは客室乗務員が行います。

(image by Thomas Cook Airlines)

サイズは長さ148.4cm、奥行67cm。ベッドのように横になって眠るには少し小さめですが、ゆったりと足を伸ばすことができるので、まるで自宅のソファーでくつろいでいるような感覚でリラックスできるというわけです。

(image by Thomas Cook Airlines)

リーズナブルなエコノミークラスでも快適な空の旅を提供したい、という想いで実施したという新しいサービス。値段は片道199ユーロからで、5月13日より利用可能だということです。