Case: T2 BULLI MADE OF LEGOS

フォルクスワーゲンが、レゴで作った『T2』キャンピングカーの実物大レプリカを公開しました。

制作したのは、世界でたった12人しかいないというLEGO公認モデルメーカーの2人。6か月もの時間を費やし、40万個のブロックを使って作り上げた超大作です。

長さ5m、重さ700kgのレプリカは、ワイパーやスライドドアなど精巧に再現されており、遠めに見るといったいどちらが本物かわからなくなってしまうほど。

中は、座席シートやキッチンはもちろん、お皿、マグカップ、ラジオといった小物にいたるまで、1960年代に発売されたT2らしくレトロ可愛いデザインで統一されています。

このレプリカは、2月19日にドイツ・ミュンヘンで開催されたレジャーと旅行の見本市『f.re.e』において公開されたということです。

(via Volkswagen)