Case: The Nightclub

スウェーデンの大手家具チェーン・IKEAが睡眠の重要性にフォーカスしたキャンペーン「#WonderfulEveryday」を開始しました。その中でも今回はIKEAが手がけたユニークなテレビCMをご紹介。

CMは、若者たちが夜にパジャマを着て、ドライブしながらナイトクラブへ向かうところから始まります。

クラブ会場に到着すると、そこにはミルクで浸したシリアルや紅茶で乾杯する人々の姿が…さらに、人々は歯磨きをしたあと、耳栓をしてIKEAのベッドに横になり、眠りに落ちていくといった奇想天外なストーリー。

今回のキャンペーンは、3人に2人もの人々が“毎晩の睡眠量に不満を感じている”という調査結果を受けて始まったものだといいます。アドレナリンでいっぱいの深夜のクラブシーンを引き合いに出しながら、睡眠の価値を再評価することを目的としたCM構成になっています。

また、IKEAはThe Sleep Schoolの創設者の協力のもと、「Sleep Hub」という睡眠の手助けとなるサイトを開設。寝る時の体勢や光、音、温度、空気などあらゆる観点から、よく眠るためのヒントがたくさん記されています。

睡眠は身体的にも感情的にも日々の生活に影響すると言われています。起きている間の活動に目を向けがちな中、睡眠の重要性について改めて気にさせてくれるキャンペーンでした。