Case: #BleedForTheThrone

身近にできるボランティアの一つである、献血。人工的に作り出すことのできない血液を提供することは救命医療に欠かせませんが、冬はインフルエンザの流行や雪などの悪天候により献血に行く人が少なく、輸血のための血液量が慢性的に不足しているといいます。

今の時期に多くの人に献血をうながすため、アメリカ赤十字社は大人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』とタイアップした啓発キャンペーンを実施しました。

2011年に始まって以来、8年に渡り続いてきたこのドラマは、今年4月に放送予定のシーズン8で完結することになっており、世界中のファンがその公開を待ちわびているところ。そんな話題作とタッグを組んで打ち出したのが『Bleed For The Throne』というドネーションプロジェクトです。

映像は、ドラマの主要な登場人物が血を流すシーンを断片的につなぎ合わせたもの。

そしてその後、以下のようなメッセージが流れます。

They all bled for the throne. Will you?
(彼らは玉座のために血を流した。あなたは?)

キャンペーン期間中の3月17日までに献血を行った人には、世界5都市で行われるドラマのワールドプレミアのひとつに参加できるチャンスがあるほか、3月12日から17日の期間に献血すると、非売品の限定Tシャツがプレゼントされるとのこと。

ドラマのファンもそうでない人も、どこかで輸血を必要としている人のために、積極的に献血に行きたいものですね。