Case: Ford Lane-Keeping Bed

アメリカの大手自動車メーカー・フォードが、同車に搭載されている“車線アシストテクノロジー”をPRするために、一風変わった取組みを実施しました。

それは、“車線維持システム”の技術を活かして特注のベッドを制作したのです。

カップルなど二人で一つのベッドを共有する場合でも、快適な睡眠をサポートしてくれるというコンセプトです。

一般的にパートナーや家族と同じベッドに寝ていると、相手の寝相が悪かった場合や寝返りでいつの間にか端の方へ追いやられていた…ということも珍しくはありません。ですがこのベッドは、そんな問題を見事に解決してくれるのです。

フォードの車線維持システムは、車が車線から外れてしまった際にセンサーによって感知し、ハンドルを正しい車線へと戻してくれる機能。安全性を重視した運転支援のため、フォードのほとんどの新車に導入されています。

そして今回、そのシステムをベッドに応用。ポイントは、ベッド内部に備え付けられた圧力センサー。たとえば、一人が寝返りなどをうって、もう一人のスペースへ移動してしまったとします。すると、圧力はベッドの中心からサイドへ移動します。

それを圧力センサーが認識すると、自動的にマットレスが移動し、再び二人を元の中央の位置へ戻してくれるというメカニズムになっているのです。

今のところ、このベッドを一般販売する予定はないそうですが、車に使われていた高度なシステムを人々の日常へ応用させることで、改めて自社の技術力を強調することに成功したのでした。