Case: The Longest Drive

各社がこぞって気合の入ったCMを打ち出しすことが毎年話題となる、スーパーボウル。全米で1憶人以上が視聴する一大スポーツイベントですが、今回ボルボはそのスーパーボウルに向けたCMを制作せず、まったく別のユニークなプロモーションを実施しました。

2月3日の試合当日、そして同時刻に行ったのは、スマホを使ったゲームイベント。volvoの新型車S60をひたすらドライブするシンプルな内容で、このゲームを最も長く続けた3人に実際のS60を運転できる権利をプレゼントするというルールです。

一度ゲームを始めると、顔認証機能がユーザーがスマホ画面を見ている時間を計測。この間一度でも目を逸らしてしまうとカウントがリセットされてしまうので、スーパーボウルなどそっちのけで集中しなければなりません。

最終的に一番長い時間プレイし続けた人が優勝となり、『Care by Volvo』と呼ばれる2年間のリースプログラムに参加することができるという仕組みです。

フットボールより断然車のほうが好き、という人に向けたユーザー参加型イベント。参加資格はアメリカ国内に住む18歳以上の運転免許取得者で、Care by Volvoには車のメンテナンスや保険なども含まれているということです。

(via Volvo S60|The longest drive)