Case: #PaillePailleLesPailles ad campaign

KFCがフランスの250店舗にて、使い捨てのプラスチックストローを廃止することを発表しました。

2018年6月には、KFCのシンガポール本部が国内84店舗でのドリンクのプラスチックストローとテイクアウト用のプラスチックの蓋を提供しないことを発表。フランスもシンガポールに続き、プラスチックごみ問題に取り組む姿勢を示しました。

同社はこれをコミュニケートするために「#PaillePailleLesPailles」と名付けた広告キャンペーンを実施。同社のSNSアカウントにハッシュタグをつけて今回の廃止についての内容を投稿しました。こちらがそのクリエイティブです。

これらの広告クリエイティブは、様々な市民の目に触れることを意図して1月15日からChallenges、L’Automobile Magazine、Geek、Equipe Magazine、La Revue N​​ationale de La Chasseの5つの雑誌にて掲出されました。

なおプラスチックストローは、エコな紙ストローへ置き換えられ、要望があった場合にのみ提供するとのことです。