Case: The Immigrant Billboard

昨年ロシアで開催されたFIFAワールドカップにおいて、グループHで日本とともに決勝トーナメントに進出したコロンビア。代表チームのメインスポンサーを務めるビールブランドのAguilaは、盛り上がりの高まるW杯に向けたプロモーションを実施しました。

同社が制作したのは代表選手の写真をプリントした看板広告。これをコロンビア国内ではなく、ロシアの首都モスクワに設置しました。

看板には『我々がコロンビア代表だ』とロシア語で書かれたタグライン。つまり、どの国よりも早く“コロンビアがワールドカップに一番乗りした”とアピールしたのです。

この施策は様々なメディアで紹介され、わずか3日で8,300万ものインプレッションを獲得したほか、国内のデジタルユーザー7割以上にリーチ。

たったひとつのビルボードで大きな話題作りに成功したユニークな取組みでした。


The Immigrant Billboard | Aguila from MullenLowe Group on Vimeo.