Case: #RealLover

イタリアの高級自動車メーカー・ランボルギーニが、昨年のクリスマスシーズンに公開したキャンペーン動画をご紹介。タイトルは『Lamborghini Real Lover』。

クリスマスプレゼントを買い求める親子連れでにぎわうおもちゃ屋さん。どうやら男の子はみな、ランボルギーニのトイカーがお目当てのようです。

ところがランボルギーニは少し前に売り切れてしまったそうで、店主はほかの車を勧めます。

ほとんどの子供は「仕方がない」と違う車を選ぶ中、ひとりだけどうしても諦められない男の子がいました。赤や青のカッコいい車を見せても、首を横に振るばかり。

「本当にランボルギーニが欲しいんだね。」
「うん。」

すると店主はどこかに連絡を取った後、「ついておいで。」と少年を外へ連れ出しました。

不思議そうな顔をする男の子の目に現れたもの…それはなんと本物のランボルギーニだったのです。

ドライバーが降りてきて、同じモデルのミニカーをプレゼントするというサプライズに加え、実際に車に乗せてもらって大満足の男の子。

『本当にランボルギーニを好きな人に乗ってほしい』というメッセージを込めた同社のCM。これまでにYouTubeで520万回近く再生されているほか、「男の子が可愛すぎる」「きっとこの子は将来本物のランボルギーニを手に入れると思う」など、6,700件以上のコメントが寄せられています。