Case: The Best Men Can Be

男性用カミソリブランド・Gilletteによる新キャンペーンをご紹介。

女性たちがSNSでセクハラなどの性的被害を告白する『#MeToo』運動が世界中で盛り上がるなか、男性自身も『自分たちがどうあるべきか』を問いかける内容の動画を公開しました。

30年前に『The Best A Man Can Get』というタグラインを打ち出して以来、理想の男性像を示してきた同ブランド。当時は“男らしさ”といえば、肉体的な力強さやたくましさといったイメージが強くありましたが、今の時代は少し違います。

弱いものを守る優しさや、間違っていることを指摘する勇気。
子供たちから「大人ってカッコいい」と思ってもらえるロールモデルになること、そしてそのために努力を惜しまないことこそが、現代の男らしさだと訴えます。

次の世代に誇れる“最高の男”になろう、と呼び掛けたジレットのキャンペーン動画は、YouTubeで公開後わずか数日で1,800万回以上再生されています。

同社はまた、今後3年にわたって年間100万ドルをアメリカ国内の非営利団体に寄付し、様々な年代の男性たちが自分磨きに邁進できるようサポートしていくということです。

(via The Best Men Can Be | Gillette®)