Case: The Sex Change

北欧に位置するデンマーク。先進国の中でも男女平等が最も進んでいる国のひとつと言われていますが、実際のところはまだ完全に平等とは言い切れないのが現状です。

特にスポーツ界でその傾向は顕著で、女性アスリートにはさほど注目が集まりません。特にサッカーに関しては、女子の試合の観客数は男子に比べわずか10%にしかならないのだとか。

この現状を広く周知するため、同国のスポーツブランド・Hummelはヨーロッパ女子チャンピオンズリーグに出場する選手全員に呼び掛け、フェイスブックのステータスを女性から男性へと変えるというアクションを起こしました。

さらに選手たちが、『もしも自分が男性だったらこんなキャリアを築いていただろう』と語る映像も公開。

この取り組みはメディアで紹介されると大きな議論を呼び起こし、男女平等をより推進していくべきだという気運を高めることに成功しました。

広告費換算で214万DKK(約3,500万円)のメディア露出を果たした本施策。キャンペーン後には、女子サッカーの観客動員数が男子の試合と同程度にまで上昇し、選手たちの年俸も以前に比べて8割も増加したということです。


HUMMEL_The_Sex_Change_Casefilm from Rasmus Saaby Bentzen on Vimeo.