Case: FIJI WATER GIRL

フィジー共和国のミネラルウォーター・FIJI WATERが米ゴールデングローブ賞の会場で仕掛けた印象的なPRキャンペーンをご紹介。

同賞のメイン会場であるカリフォルニア州ビバリーヒルズのビバリーヒルトン・ホテルにキャンペーンガールを派遣し、参加したセレブ俳優たちに自社製品をプレゼント。フィジーの海をイメージした青いドレス姿が“本来の主役たちよりも目立つ”と評判になったのです。

こちらがその「フィジー・ウォーター・ガール」。美麗な姿は、セレブたちのなかに紛れ込んでいても違和感がありません。

ただ参加者に製品を配っているだけ、なのですが… これだけでは飽き足らず、次から次へと会場にやってくるセレブたちの背後に陣取って、ちゃっかりフォトセッションに写り込んでいます。

取材に来たメディア関係者からも「あの美女は誰だ?」と興味津々。

FUJI WATERの公式Twitterは「多くのセレブたちとお話できて嬉しかったです! ほら、あなたの後ろにも…」と、悪ノリしまくりのつぶやきをツイート。

単にミネラルウォーターを配るだけというシンプルな行動ながら、全世界から注目される“場所”に陣取ることで爆発的な露出を獲得する、まさにアイデアの勝利といった感じのPRでした。