Case: Audi A8 – Café ommunications

アウディがハンガリーで新型A8のプロモーションの一環として、一風変わったテスト運転を行いました。

そのテスト運転とは、車内でラジオCMの収録をするというもの。新型アウディA8の“遮音性”を訴求するためにこのような斬新な試みを実施したのです。

遮音性を強調するべく、収録はあえて交通量が多く騒がしい朝の時間帯に行われたといいます。

収録が行われる後部座席には声優とサウンドエンジニアの2人だけ。
見事、車内がレコーディングスタジオの役割を果たし、声優はマイクに向かっていつも通り収録を行いました。

通常は防音のレコーディングスタジオで行われるはずのラジオ収録を公道を走行する自動車内で行うことによって、静粛性の高い静かな車であることをPRした取組みでした。