Case: Noise-cancelling kennel for dogs

アメリカの自動車メーカー・Fordより、ノイズキャンセリング機能付きの犬用ペットハウスが登場しました。

これは、年末年始に打ち上げられる花火の音に怯えるワンちゃんたちとその飼い主のために作られたもので、同社のSUV車『Edge』に搭載されているノイズコントロール機能(車内に聞こえるエンジン音などの騒音をマイクで拾い、そのノイズに対して逆位相の信号を重ね合わせて無効化する技術)を応用しています。

ハウスに内蔵されたマイクが花火の音を感知すると、それを打ち消す信号を出して消音化するほか、素材には防音性の高いコルクパネルを採用したり振動を軽減する装置を使うなど、かなり本格的な仕様です。

犬は人間の数倍もの聴覚を持つといい、特に花火のような大きな音にはパニックを起こしてしまう仔も多いのだそう。

人間は楽しいひと時を過ごす一方で、愛犬はゆったりと休むことができる、画期的なドッグハウス。現時点では価格や発売情報などは発表されておらず、デモンストレーション用だということですが、今後要望があれば商品化する可能性もあるかもしれませんね。

(via Ford Europe)