Case: UberToys

配車サービスのUberが“おもちゃの車”でパリの街中を運行しています。

子供のころ、ワクワクした気持ちでクリスマスを迎えたことを思い出せるようにと実施中のこのイベントは、粘土やレゴで作った6台のトイカー(もちろん実際に走行できます)に乗ることができるというもので、12月末までの期間限定で行われています。

利用するには、通常と同じようにアプリで車を選択。

この車に乗車した人には、運賃の代わりに恵まれない子供たちのための寄付を呼び掛けているとのこと。

先月より、政府に対する抗議活動・暴動が続いているフランスで、人々にクリスマス・スピリットを思い出してほしいという想いを込めたキャンペーンでした。

(via Uber)