Case: Pecan Resist

ユニリーバのアイスクリームブランド・Ben&Jerry’sが驚きの新フレーバーを発表しました。

新フレーバーのPecan Resistは、白と黒のファッジチャンク、ピーカンナッツ、クルミ、アーモンドを使ったチョコレートのアイスクリーム。一見、美味しそうな普通のアイスクリームです。

ところが実はこのPecan Resistのコンセプトは、トランプ政権へ抵抗をする人々を応援するために作られた“アンチ・トランプ”フレーバーなのです。商品説明には、こんな言葉が書かれています。

「抵抗派へようこそ。一緒に、Pecan Resist!私たちは、我々の価値・人間性・環境への大統領の攻撃に対して勇敢に抵抗している女性、移民、肌の色が違う人々、何百万人もの活動家や同盟国を称賛し、応援します。この国のダイバーシティーを讃え、アメリカのために皆でスプーンを掲げて団結しよう」

本商品のグラフィックやプリントデザインも、想いが一致したアーティストや活動家が制作。

トランプ政権における気候変動に対する発言、LGBTQや難民・移民の扱い…これまでの何十年もの歩みを覆すような行動に対して、Ben&Jerry’sは40年間守ってきた同社の社会的使命から黙っていることはできない…と、このような取り組みを行ったといいます。

また、今回の取り組みに関連して、同社は自由・所属・コミュニティ・正義などにフォーカスした4つの組織に2万5千ドルを寄付する予定です。

本企画のプロモーション動画の再生回数はまもなく100万回に達します。政治姿勢を明確に掲げ、社会的な使命を打ち出しつつステイクホルダーとの繋がりを強化するキャンペーンでした。