Case: King Deal

ユニークなプロモーションに定評のあるバーガーキングが、フランスで一風変わった広告を新たに打ち出しました。

今回公開したCMでは、黒背景に白文字で商品の説明が書かれている内容が大半。一般的な飲食店のCMで見られるような食欲をそそる商品映像がほとんどありません。

プロモーションの対象となるのは新メニュー ‘King Deal’ 。ワッパー、フライドポテト、ドリンクのセットがわずか4.95ユーロで購入できるというものです。

本CMで同社は、“このメニューはお客さんにとってはきわめてお得で良いものだが、店側にとっては良くないものだ”と主張。あまりたくさん売りたくないので、このような控えめなCMにしたのだと説明しています。

また、“バーガーキングの会計士が(店側に赤字が出るため)このメニューに対して不機嫌になっている”とも伝えています。

プロモーションにあえての社内事情を引き合いに出すことによって、圧倒的なお得感を演出したCMでした。