Case: The Christmas Fool

イギリスの量販店・Argosが放送している、クリスマス配達を訴求するテレビCM「The Christmas Fool」をご紹介。

映画「ハリー・ポッター」に登場する妖精・ドビーがクリスマスの夜に次から次へと仕掛ける「邪魔」を、Argosの配達スタッフが「退治」するという、ファンタジー仕立ての内容になっています。

クリスマスの晩、家の雨どいの上でなにやら企みの笑みを浮かべるドビー。幸せなクリスマスを過ごす家庭を見ると、我慢ができない様子です。

手始めに、丹精こめて設置されたクリスマス・ネオンの電源を切断すると…

家に忍び込んでセロハンテープを盗み出し、クリスマス・ツリーを準備するお父さんを困らせます。


その後も豪華なクリスマス・ツリーをめちゃめちゃに破壊し…

あげくのはてに、パーティーの晩に大雨を降らせる「鬼畜」ぶり。

「次はどこのクリスマス・パーティーをめちゃめちゃにしてやろうか…」ドビーがある家をポストから覗き込むと…

中ではとても楽しげにパーティーを楽しむ一家の姿。

「キーッ!楽しそうにしやがって!ぶっ壊してやる!!」そう叫んだ次の瞬間…

おもむろに開いた玄関のドアに叩き潰されるドビー。

やってきたのは、Argosの配達スタッフでした。

配達スタッフが、ドアに押しつぶされてペラペラになったドビーを一瞥すると、渾身の力をこめてキックをお見舞い。数々の悪さを繰り返してきたドビーはあっけなく家の外へと飛んでいくのでした。


Argosのサービスを利用すれば、クリスマス・パーティーを開催するうえで起こりうるあらゆる「面倒」から解放され、誰でも確実に楽しいクリスマスを過ごすことができる── キャッチーかつ頼もしいメッセージが印象的なキャンペーンCMでした。