Case: 12 Hour Drive Thru

アメリカのファーストフードチェーン・Popeyesの人気メニューは、ハーブやスパイスの調味液に12時間以上も漬け込んだフライドチキン。

美味しいチキンを提供するために“時間と手間を惜しまない姿勢”を消費者にアピールするべく、同社が考案したのが『12 Hour Drive Thru』という特別なドライブスルーです。

これはテキサス州のフォート・ストックトンで注文したチキンを、お客さんがニューオーリンズ州の旗艦店まで自分で行ってピックアップするというもので、受け取りの場所まで車で12時間もかかるというなかなか大変そうなチャレンジ企画です。

要は『美味しいチキンを食べるためには、お客さんも頑張ってくださいね。』ということのようで、ちゃんとたどり着けた人にはPopeyesのチキン1年分が贈られるそう。

途中『今3時間漬け込みました。残りはたったの9時間』と書いたビルボードがあったり、橋の上でスタッフが応援したりと長い道中を盛り上げます。

そして見事お店に到着した人には、音楽隊が華々しくお出迎え。めでたくチキンがプレゼントされたのでした。

ちなみに、12時間のドライブはちょっと無理…と言う人は、チャレンジの様子を収めた動画を『#12HrDriveThru』のハッシュタグを付けてシェアする方法でも参加できる模様。この場合は抽選で選ばれた人にチキンが贈られるということです。