Case: A CAREFULLY REFLECTED BILLBOARD

フランスのボルドーと言えば、ワインの一大産地としてよく知られていますが、実は歴史的建造物が多く残されており、世界遺産にも登録されていることをご存知でしょうか。

特にガロンヌ川に面したブルス広場にある“水の鏡”は、地元の人々や観光客に愛される街のシンボル。地面に張った2cmの水が鏡のように建物を映し出し、美しい景色を作り出します。

そんな水の鏡を広告に利用したのが、イギリスの格安航空会社・easyJet。広場の建物に“上下逆さま”の大きな広告を掲示しました。

普通に見ても何と書いてあるのか分かりませんが、水面に視線を移すと以下のようなメッセージが見える仕掛けです。

Bordelais, the sky is at your fingertips.
(ボルドーよ、空はあなたの指先にある)

easyJetでは現在、この広告の写真をどれだけきれいに撮れるかを競うフォトコンテストを開催中。応募するにはハッシュタグ『#UpsideTown』をつけて写真をシェアし、優勝者にはどこへでも好きな場所に行けるeasyJetの往復航空券2名分がプレゼントされるということです。