Case: Unignorable

貧困・孤立・教育格差・ドメスティックバイオレンス…誰にでも起こり得る事柄でありながら、いざ自分が当事者になるまでは、ほとんとの人が他人事だと感じているのではないでしょうか。

カナダ国内に90ヶ所の支部を持ち、各コミュニティにおけるこれらの社会問題について支援活動を行う非営利団体・United Wayは、そんな人々の“無関心”を変えるべく、世界的な色見本帳のPantone Color Institute®とパートナーシップを組んで啓発キャンペーンを実施しました。

Pantoneより新色として登場したのがこちらのカラー。コーラルレッドと言うのでしょうか、赤にオレンジが混ざったような、ハッと目を惹く鮮やかな色合いながら、どこか温かみを感じさせます。

United Wayは『Unignorable(=見過ごすことのできない、大切な)』と名付けたこの色を、コミュニティが抱える社会問題に取り組むためのシンボルカラーとしたのです。

また同社は世界的なイラストレーターであるMALIKA FAVRE氏に協力を依頼し、クリエイティブを制作。新色のUnignorable・黒・白を効果的に使い、“孤独”や“貧困”といったトピックを連想させるデザインとなっています。

Pantoneによると、それぞれの色には意味やメッセージがあり、人の無意識に働きかけるのだといいます。そんな“色の力”を借りて、身近にある問題に社会全体で取り組んでいこうと呼びかけたアーティスティックな試みのご紹介でした。