Case: CM created by artificial intelligence

米バーガーキングが、新バーガーのプロモーションを目的として“AI(人工知能)を使って制作したシリーズCM”を公開しました。

本CMでは、AIによるナレーションによって新商品のハンバーガーの説明がなされていくのですが…その内容が、「鶏肉はサンドイッチになるために通りを渡った。バーガーキングは鶏肉を励ました」、「あなたが寝るためのレタス。もっと寝るためのマヨネーズ」というように…訳のわからないフレーズが続くのです。

バーガーキングは、今回のCMを“マーケティングとコミュニケーションの未来を垣間見ることができる新しい学習アルゴリズムの創造であり、先駆的な試みと捉えている”と語っています。

ナレーションされる「あなたと同じように新鮮で飛んでいる野菜」や「まるで鳥のような味」といったフレーズからは一切食欲はそそられませんが、CMを見た人が思わず笑ってしまうのは確か。

まだ未熟なAIテクノロジーを逆手に取り、話題作りのアイディアとして効果的に活用したCMでした。シリーズCMの別バージョンは以下からご覧ください。