Case: #MINISpoilers

海外ドラマなどを動画配信サービスで視聴している人であれば、ストーリーの続きが気になってどんどん次のエピソードを見てしまい、気付いたら夜が明けていた…なんて経験、あるのではないでしょうか。

もちろん翌日は寝不足。仕事が休みであればどこにも出かけず、さらにテレビ三昧…そんな“あるある”にストップをかけるべく、自動車ブランドの米MINIが愉快なキャンペーンを打ち出しました。

同社インスタグラムにアップされたのは、『(テレビを見るために)ソファに座ってばかりいないで、ドライブに行きましょう!』と呼びかける内容の投稿。

『マッドメン』『ゲーム・オブ・スローンズ』『ストレンジャー・シングス』など、特に中毒性の高い人気タイトルについて、視聴者をテレビの前から引き離すため、なんとドラマのエンディングをスポイラー(ネタバレ)としてインスタグラムに公開してしまったのです。

…とはいえ、もちろんストーリーのネタバレをしたわけではありません。各作品について、超簡単に一言で説明した、といったところでしょうか。

『ゲーム・オブ・スローンズ』

There are a bunch of dragons. Everyone dies.
(ドラゴンが沢山出てきて、みんな死んでしまう)

『ストレンジャー・シングス』

Girl in the 80s can do anything with her mind… Except make her nose not bleed.
(80年代の女の子は超能力で何でもできる…鼻血を止めること以外は。)

そして最後に表示されたのは以下のメッセージ。

Get off the couch, and behind the whill.
(ソファから離れて、ハンドルを握ろう)

家にこもってテレビ三昧もいいけれど、窓を開けて風をいっぱいに浴びながらドライブする楽しさも思い出してほしい。そんなメッセージを込めたプロモーションでした。